専門学校とは

高等学校を卒業して専門学校に入学すると言う人がいます。また、大学と並行して通う人、大学卒業後に通う人、仕事帰りに通うと言う人もいます。このように幅広い用途で人々が通う専門学校とは、どのようなところでしょうか。

専門学校とは、専修学校のうち、専門課程のある教育機関の通称です。修行年月が1年以上、授業時数が文部科学大臣が定める年間授業時数800時間以上であること、教育を受けるものが常時40人以上であることが条件になっています。近年においては、専門学校は従来の形から、かなりの変化を遂げているようです。それは、少子化に伴う生徒確保のためもあるようです。以下に、そのことについてご説明致しましょう。

現在、専門学校が次々に大学、短大へと変わっていっているのです。たとえば、看護の専門学校が短大の看護学部へ、医療の専門学校も医療関係の短大へ、保育専門学校が短大の保育学科に統合されるなどの変化が目立ちます。それでも、従来通り、専門学校で成り立っているところもまだ沢山ありますから、そういった学校へ進学したいと思う高校生も多いでしょう。当サイトはそのような皆様に専門学校の情報をお届けいたします。専門学校選びのポイント、学生寮のある専門学校、専門学校付近の賃貸物件についてお伝えいたしますので、ご参考になさって下さい。こういった情報が皆様のお役に立てれば、幸いです。専門学校で技術を身に付けて、社会で輝く人材になりましょう。